上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あはは。
Twitterに蝋燭写真upしたら、フォロワーさんがちょっと逃げた。

ほんのすこしばかり刺激が強かったという方もいたのかもね。

でも誰だかわかんないし。

身近なひととか蝋燭も鞭も受ける。って知ってるし。

わたしは緊縛好きを公言してるし、緊縛もROMにとりいれてる。

だけどね。矛盾するかもだけど、縄も、まして鞭とか蝋燭とか、危険をともなうでしょ?

「私は緊縛好き!」

と言葉にするとき、場所とかひととか、やっぱり考えたほうがいいよ。

「縛ってあげるよ~」ってひとがみんなキチンと勉強してるわけではないし。

安全性なんてカケラも考えない。とかいうひともいるし。

完璧な安全性なんてありえないから安全性には責任もたないけど、事故ったら人生の責任をもつ覚悟はある、ってひとはいいと思うけど………。

正直、わたしが縄、緊縛に興味持った年齢のころ知り合ったエスエマーを名乗るひとたちは、みんなばかやろうばかりでした。

精神論とかいって、結局は自分が威張りたいだけ。縄もなんも技術はお粗末以下。そんな輩にわたしが従順でいるわきゃあない。

さんざ生意気といわれまして、イヤ気がさしてそこらへんから退いたわけです。

まあまた緊縛してるわけですがw

いまはいい時代になりました。←BBA

SMバーはいっぱいあるし、キチンとした監督下で緊縛されたりとか……情報もいっぱい………。

それでも踏み外しちゃう子もいるかもしれないなあ。

「とにかくえすえむしたいの!」

の、まえに。

じぶんのカラダをだいじにね。

段階ふんで、待たされてこその大きな快楽もあるのですからね。







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。